お医者さんが教えてくれない、子どものアトピー改善法

このページをご覧になったお母さま、お子様のアトピーで日々悩まれていることと思います。

我が子も膝裏、わきの下、内側の肘、パンツのラインなど、皮膚の弱いところに赤くガサガサと湿疹を繰り返していました。

小児科では当たり前のようにステロイド軟膏を処方されるのみでしたが、塗るのを止めると再発を繰り返し、重症ではないものの2年ほど軟膏が無いと湿疹が出てしまう状態でした。

病院が行う対処療法ではなく、根本的に治せないだろうか?

本やインターネット上で様々な情報を収集、実践して自宅で実践してみた結果、1か月過ぎた頃から改善が見られ、今では再発もなく全身ツルツルな肌になりました。

是非、お悩みの方に試して頂きたいので、私なりの改善策をお伝えできればと思います。

 

結論からお伝えしますと……

  1. お風呂では身体洗いにシャボン玉石鹸を使う
  2. お風呂あがりには、保湿剤ではなくワセリンを塗る
  3. タンパク質を多く摂る
  4. ビタミンCを摂る

この4点を実践すれば、かなりの改善が見られると思います。

項目ごとに説明していきたいと思います。

 

1.お風呂では身体洗いにシャボン玉石鹸を使う

2.お風呂あがりには、保湿剤ではなくワセリンを塗る

多くの方が、お風呂で使用しているのが泡で出るタイプのボディーソープ。しかし、界面活性作用のあるものは、皮膚の表皮を不安定にさせ、子供の薄い皮膚には刺激になります。アトピーになっている部分は既に皮膚のバリア機能が無く、皮膚の下の層が直接化学物質に触れることになるので、刺激の少ないシャボン玉石鹸で洗い、お風呂上りには保湿剤ではなく、うっすらワセリンを全身に塗って下さい。タオルドライ後乾燥してしまう前にすぐワセリンを塗って、お風呂で保湿されたお肌にラップをしてあげるイメージです。

 

<使用したシャボン玉石鹸>

シャボン玉浴用 100g | シャボン玉石けん
シャボン玉の定番人気商品!キメ細かく弾力のある泡立ちで、やさしく汚れを落とします。さっぱり洗えるのに洗い上がりはしっとり。※香料、着色料、エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤、合成界面活性剤を使用していない無添加石けんです。JAN:49636611

<シャボン玉石鹸HPに記載の界面活性剤について>

シャボン玉石けん株式会社
無添加石けん「シャボン玉石けん」の各種取組みについて。環境への取り組み。健康な体ときれいな水を守る。無添加石けんの「シャボン玉石けん」公式サイト。
シャボン玉石けん株式会社
無添加石けん「シャボン玉石けん」の各種取組みについて。環境への取り組み。健康な体ときれいな水を守る。無添加石けんの「シャボン玉石けん」公式サイト。

<純度の高いワセリン>

Sun White(小児科医オススメの、不純物の少ないワセリンです)

サンホワイト / 白色ワセリン商品情報
サンホワイトは高品質の白色ワセリンです。乾燥性敏感肌の保湿やスキンケアーとしてご利用ください。皮膚にやさしく低刺激性です。

Amazonなどでも購入できます↓

Amazon.co.jp: Sun White : Beauty
Amazon.co.jp: Sun White : Beauty

 

上記で肌への刺激を無くしてあげることが出来ます。

 

 

その次に身体の内面から皮膚を再生させてあげる材料を摂取する必要があります。

それに必要なのが、先にお伝えしていた、

3.タンパク質を多く摂る、4.ビタミンCを摂ることです。

皮膚って何から出来ていると思いますか?

そう、タンパク質です。そして皮膚の再生を助けるビタミンCも併せて摂取して下さい。

普段の食事でタンパク質多めの食事にシフトしていって下さい。ライスや小麦ばかりでお腹を満たしていても、栄養、材料不足では皮膚は再生しません。

ビタミンCは肝油にも含まれていますし、マツキヨやオリヒロなどでチュアブルになっているタブレットが売っていますのでそれをラムネ感覚で食べさせてあげて下さい。

ビタミンCは水溶性のビタミンで、オシッコとして体外に流れますので、過剰摂取の心配をしなくて大丈夫です。

<マツキヨのビタミンCチュアブル>

matsukiyo LAB 食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ | ドラッグストア マツモトキヨシ
ドラッグストア マツモトキヨシのmatsukiyo LAB 食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ。水なしで手軽においしい食べるサプリ レモンフレーバー 管理栄養士推奨のチュアブルタイプサプリ 栄養補助食品。お買物でポイントも貯めたり、商品の取り置き・取り寄せ、レビューなどもお楽しみいただけます。

 

6歳の子供に、毎食後1粒食べさせていました。

 

母としては、アトピーの部分を何とか改善したい!すぐ治してあげたい!とその箇所に薬や保湿剤を塗りがちですが、今思えばそれがかえって皮膚への刺激になり悪化していました。身体の自然治癒力を信じて、”肌への刺激を減らしつつも栄養となる材料を摂取する”ことがアトピー改善への近道です。

お悩みの保護者の方々、是非試してみて頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました